匠のアップルパイ


匠のアップルパイ

シェフ村井の、もっと教えてアップルパイ!
お菓子作りにその身を捧げてウン十年!!当店の洋菓子部のドン村井シェフ
職人技が随所に生きている青森のアップルパイ…なるほど! 聞けば聞く程
奥が深い…完成までの全工程を津軽弁を交えながら語ってもらいました。
還暦のお祝で赤いちゃんちゃんこならぬ白衣に終始ご満悦のドン。
身も心も林檎の様に赤く染まり!?ました…(^^;)

林檎到着・そして皮むき…
100%青森県産の紅玉林檎が工場に到着。一つづつ丁寧に林檎の皮むきです。他のパティシエの皮むき作業をかたずを飲んで見守るドン…「母がよく紅玉をストーブの上で焼いた焼き林檎がよおやつで出て来てその時の味が今だに忘れられない…」(紅玉林檎には特別な思い入れがある村井氏)実際、その特有の甘酸っぱさは菓子職人の間でも評判の素材。現在では希少価値も高く全国的にはスーパーなどで見かける事も少なくなった紅玉…林檎の国「青森」だからこそ仕入れる事が出来る厳選素材です。

仕上げ・完成
本日も無事、パイが焼きあがりました。アツアツサクサクのパイに杏ジャムを塗って完成です。工場にはできたてのパイの香ばしい香りが広がっております。ジャムを塗って完成したものをすぐに、今度は瞬間冷凍で凍らせます。焼きたての香り・味を少しでも逃さない為に一気に凍らせます。こうして後はお客様の所に届くのを待つばかりとなりました…

すごいアップルパイがあったもんだ。
posted by アップルパイのレシピ | アップルパイA